2020年6月7日

今回はカレールーのことを書きたいと思います。あなたの一番好きなカレールーは何ですか? 私は「バーモントカレー」です。しばらくバーモントカレーは食べていませんでした。「こくまろ」「ジャワカレー」「ゴールデンカレー」など、種類が豊富ですから。「ディナーカレー」はリッチでちょっと手が出ません。しかし、バーモントカレーを食べなかった一番の理由は「辛口」がなかったからです。それと、西城秀樹さんが「♪リンゴとはちみつ、ハウスバーモントカレ~♪」と歌い、「ヒデキ、カンゲキ~」っと、5等分にカットしたリンゴにたっぷりはちみつをかけるあのCM(同世代の皆さん分かりますよね)が脳裏にあって、どうしても、「カレーの王子様」的な子ども向けのイメージがあったからです。しかし数ヵ月前、久しぶりにバーモントカレーが食べたくなり、息子もいるので思い切って「甘口」を買いました。すると、めちゃくちゃ美味いのです!まさに「ヨシヤ、カンゲキ~」です。フルーツのコクとスパイスが利いていて、甘いのに甘くない、しかし息子は甘いので食べられる、バーモントマジックです。

現在、我が家の夕食は週に一度はバーモントカレーです。福神漬けはマスト、らっきょうもあったら申し分ありません。必ずおかわりします。翌朝も食べます。朝目覚めて、カレーが食べられると思うとワクワクします。ですよね。しかし、なぜこれほどバーモントカレーが美味いのか、妻は私ほど感激しておらず、シーフードカレーの方が好きとのこと、それは子どもの頃によく食べたからだそうです。そうなんです、私の子どもの頃の食卓がバーモントカレーだったのです。これが大きな要因でした。「懐かしさ」と「美味しさ」はリンクするのですね。「美味しい」と感じる要素で大きく占めるのは「安心」だと聞いたことがあります。さて、最近は息子の方がバーモントカレーをリクエストしてきます。“福音”は受け継がれています。

カテゴリー: ボクシ・ボイス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。