2022年11月20日

皆さんは、一生懸命積み上げてきたものが一瞬にして崩れた、という経験はありますか? 最近私はその経験をしました。その中で、内村鑑三の講演録『後世に残す最大遺物』は光となりました。内村鑑三は、後世に残す最大遺物とはお金でも事業でも思想でもなく、勇ましい高尚なる生涯だと述べ、例話として、『フランス革命史』を記したトーマス・カーライル(英国の歴史家)を挙げます。カーライルはこの本を書くのに一生をかけました。何十年もかかってやっと望み通りの本が書けたので、清書して原稿にしました。そんなとき、遊びに来た友人が「面白そうだから、今夜一晩かけて全部読みたい」と言ってきて、感想も聞きたかったのでカーライルは原稿を渡しました。友人は明け方までかかって読み終わり、本を机に置いて寝てしまいました。そこへ家政婦がやってきて、ストーブの火を焚こうとして、机の上の原稿をゴミだと思い、それを丸めてストーブに入れて燃やしてしまったのです。

さて、その事実を知らされたカーライルのショックたるや…。彼は10日間放心状態、その後は猛烈に怒りがこみ上げ、心を落ち着けるためにつまらない小説に読みふけりました。やがて冷静を取り戻したカーライルは自分にこう言い聞かせます。「お前は愚かな人間だ。お前の書いた『フランス革命史』はそんなに立派な本ではない。一番大事なのはお前がこの不幸に堪えて、もう一度同じ本を書き直すことだ。原稿が燃えたくらいで絶望するような人間の書いた『フランス革命史』は出版しても世の中の役に立たない。だからもう一度書き直せ。」

内村鑑三は言います。「カーライルが偉いのは『フランス革命史』を書いたからではなく、原稿が燃えても、同じものを書き直したからです。失敗したり、挫折したりしても、事業を捨てず、気持ちを立て直し、勇気を出して、もう一度事業に取り組まなければなりません。書き直すことでそれを教えてくれたカーライルは、後世にとても大きな遺物を遺したことになります。」

カテゴリー: ボクシ・ボイス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。