2022年8月28日

使徒6章、教会内の食事のことで苦情が上がり、使徒たちだけでは対処できず、教会の運営面で奉仕する七人を選出しました。その選出基準に改めて注目します。「御霊と知恵に満ちた、評判の良い人たち」(3)。普通は「その仕事の能力と経験に満ちた、評判の良い人たち」です。さて、選出された七人(現在でいう教会役員)の一人ステパノは「食卓のこと」(教会内)にとどまらず、社会の人々の間でも「大いなる不思議としるし」を行っていました。つまり主を証する仕事ぶりだったということです。すると、リベルテンと呼ばれる会堂に属する人々が立ち上がり、ステパノと議論をします(9節)。「会堂に属する人々」という表現が引っかかります。えてして議論や対抗は「私は~に属している」という意識から起こります。しかしステパノは「御霊と知恵に属して」いました。彼が語るときの知恵と御霊にだれも対抗できません。すると対抗者たちは常軌を逸します。彼らは人々をそそのかしてステパノを陥れるための偽情報を発信させ、最高法院に訴えて偽りの証人を立たせ、「この人は、この聖なる所と律法に逆らうことばを語るのをやめません。」と偽証させました。この不条理な圧倒的な圧力の前にステパノは言葉を発することができなくなりました。しかしどうでしょう。「最高法院で席に着いていた人々が、みなステパノに目を注ぐと、彼の顔は御使いの顔のように見えた。」(15)。ステパノはここでも「御霊と知恵に満ちた」人でした。教会の食卓に仕える時も、社会の中で働く時も、不条理な攻撃にさらされる時も、御霊と知恵に満ちている。私たちもかくありたいです。では、御霊と知恵に満ちるにはどうしたらよいのでしょう? 使徒たちは「私たちは祈りと、みことばの奉仕に専念します。」(4)と言いました。これは使徒たちの「役割」に関することですが、「姿勢」はみな同じです。私たちは「祈りとみことばに専念する」ここから、私たちの内に御霊と知恵は満ちていくのです。

カテゴリー: ボクシ・ボイス, 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。