2022年5月29日

屋外でのマスク着用が緩和されました。欧州や米国の方がコロナ禍は深刻だったにも関わらず、マスクの解放は先であることに複雑な思いもありますが、兎に角、一連の動きを俯瞰する中で、海外のジョークを思い出しました。「ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長は乗客たちに速やかに船から脱出して海に飛び込むように、指示しなければならなかった。船長はそれぞれの外国人乗客にこう言った。アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」 イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」 ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」 イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」 フランス人は「飛び込まないでください」 日本人には「みんな飛び込んでいますよ」」。言い得て妙です。

私たち日本人は無意識の内に人の目を気にし、周りの人に嫌に思われないよう、迷惑をかけないよう振る舞います。同調圧力が大きな動機付けです。ところが、街で見かける西欧人の多くも白いマスクをしています。彼らの母国では既にノーマスクでしょうに。面白いです。つまり人とは大きな雰囲気や流れに順応していく、種類は違えども万国共通、人はみな同調圧力の中で調整しながら歩むのです。因みに、宣教師のサイモンさんにマスクのことを伺ったところ、「日本人がマスクをしているなら、私もマスクをします。」と言われました。「ユダヤ人にはユダヤ人のように」(Ⅰコリント9:20)です。頭が下がります。 言うまでもなく、日本人のこの国民性には長所も多くあります。ただ先日のニュースで専門家は言っていました。「これからは、ここではマスクを着けるか外すか、自分で判断していきましょう。暑い夏が近づいていますから」 皆さん、熱中症に注意しましょう。さて、私たちの主は、厳しい同調圧力の中を毅然と歩まれました。私たちも、人の目より、みことばを第一に気にする者でありたいと思います。

カテゴリー: ボクシ・ボイス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。