2022年3月27日

「まず神の国と神の義を求めなさい。」(マタイ6:33)

をなお思い巡らしています。使徒23章、パウロがエルサレムの最高法院で「私は今日まで、あくまでも健全な良心にしたがって、神の前に生きてきました。」と弁明すると、大祭司アナニヤは家来に彼の口を打つよう命じました。先日も同じようなことが起こりました。ロシアの国営放送のニュース番組中、この戦争に抗議する文章を掲げた女性が捕まりました。彼女も健全な良心に従ったのでしょう。しかし彼女を黙らせました。大祭司アナニヤとプーチン大統領が重なります。いや、私たちも「この人を黙らせたい」と思ったことはないでしょうか。そして強者が弱者を黙らせます。その後の最高法院はサドカイ派とパリサイ派で二つに割れます。パウロが仕掛けたのですが、サドカイ派は復活も御使いも霊もないと言い、パリサイ派はいずれも認めていて、そこから論争が起こり、最終的にこの審議は崩壊しました。ここにも人の愚かさを見ます。意見の違いから始まります。最初は冷静です。しかし徐々に「論破したい。負けたくない」「私たちの側が負けるわけにはいかない」さらに、「あの言い方、あの態度は腹が立つ。ぎゃふんと言わせたい」と、当初の動機の他に様々な動機も加わり、初めの動機はどこへやら、メンツの戦い、妬みや恨み、そして派閥の戦いに。これも私たちの現実です。特に、怒りと恨みは人を惨忍にさせ、戦いをエスカレートさせます。パウロはこのような最高法院、人の愚かさの前にうなだれたでしょう。するとその夜、主がパウロのそばに立って言われました。「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことを証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」(11)。ここに「まず神の国と神の義を求める」ことを教えられました。私たちは論争と対立の渦中にあって、深呼吸をし、まず「キリストを証する」ことに努めるのです。姿勢と行動と言葉をもって。パウロが破れ口に立ち、キリストを証したように。

カテゴリー: ボクシ・ボイス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。