2021年4月25日

先日の教会スタッフミーティングで、2021年度の教会ビジョン(『みこえ』の裏面参照)について各々が受け取っていることを分かち合いました。その日の早朝、私はそのことに備えていました。2021年度テーマ「主よ。あなたのみことばを大胆に語らせてください。」 正直に言って、私は、牧師でありながら、みことばを語ることがずっと大きなストレスでした。だから私は「語る」ことより「行動」に心が向き、語るだけの牧師ではありたくないと叫んでいました。しかしみことばを取り次ぐ準備に心と時間が大きく取られ、思い描く牧師の行動(活動)ができません。私はなぜ牧師になったのだろうと、ため息が出ました。しかし一方で、もしデボーションと礼拝メッセージがなかったなら、私は牧師をここまでやることは出来なかったです。みことばが私を支え、みことばを語ることで神の心を知り、牧師として成長させられてきました。

牧師になって20年が経ちました。最近、私は一つの変化を実感しています。みことばから受け取るものが以前と変わってきたのです。より親密に、深く、鋭く、みことばが開かれていく、これまでの蓄積、学んだことが一気に繋がってきている、みことばによる「導き手」とされてきている手ごたえを感じるのです。祈祷会のみことばの分かち合いがとても恵まれます。私の礼拝メッセージスタイルも確立してきました。もちろん今もストレスは変わりません。これが生涯続くのかと思うとおののきます。しかし、ここに私の召しと賜物がるのです。恵みと喜びも。深い主の御旨と一つにされていきます。理想の活動は相変わらずできませんが、焦らなくて良いのです。みことばを取り次ぐことに苦悩しながら集中します。よく考えてみると、2021年度の3つの目標は、そのまま私の毎週の歩みでした。
①日々のデボーション
②主の臨在に支配されるまで祈り抜き
③それにより与えられたみことばを大胆に語ります。
早朝の静まりのなか、私は確信と平安に満たされました。

カテゴリー: ボクシ・ボイス, 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。