2020年6月28日

レビ記16章には、年に一度の「贖いの日」の規定が記されています。神はイスラエルの民に向かって、罪がきよめられ、わたしがあなたがたのうちに臨在するために、「罪のきよめのいけにえ」と「全焼のいけにえ」をささげよと命じました。このことを言い換えるなら、あなたがたの罪がきよめられ、神が臨在するのに、あなたがたのやれることは一つもない、やるのはいけにえの家畜、いや、それは神がされること、神しかできないこと、ということです。そして神は命じます。

「(あなたがたは)いかなる仕事もしてはならない。この日は、(神が)あなたがたをきよめようと、あなたがたのために宥めが行われるからである。~ これがあなたがたのための全き休みのための安息日であり、あなたがたは自らを戒める。これは永遠の掟である」(レビ16:29-31)。

イスラエルの民は、会見の天幕の中で行われる「宥め」(なだめ)を見ることはできません。彼らはいかなる仕事も止め、天幕の外から「信仰の目によって」中を見つめました。 小冊子『いのちのことば』に連載されているコラムで、ある牧師がこう述べていました。「私は学校で聖書を教えているのですが、最初の授業でいつも言うことがあります。それは、“心のエンジンを止める”こと。学生たちは、学校生活でそれぞれ頑張っています。だから、この聖書の時間はその「頑張るエンジン」を止めてほしいのです。わかろうとするのではなく、ゆっくり耳を澄まし、受け止めてほしいのです」。このような聖書のクラスに参加したいですね。まさに慌ただしい学生生活の中での「全き休みの安息クラス」です。贖いの日、御子イエスは私たちの「罪のきよめのいけにえ」「全焼のいけにえ」となってくださいました。よって私たちは週に一度、いかなる仕事も止め、頑張るエンジンを止め、わかろうとすることも止め、ゆっくり主の御声に耳を澄まします。これが礼拝であり、全き休みの安息日なのです。

カテゴリー: ボクシ・ボイス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。